消費者金融のカードローンの支払い方法は?

支払い方法にはいくつか種類がある

消費者金融審査甘いカードローンはよく知られているように、一般的には借入れたお金を少しずつ利息と共に返済していくサービスです。利息の上乗せはあっても、急な出費に対応したり、まとまったお金で返済できないときにとても便利なサービスとして多くの人が利用しています。ではカードローンを利用した場合、そんな支払い方式があるでしょうか?有名なのはアコムが採用している「元利定率リボルビング方式」や、プロミスなどが採用している「残高スライド元利定額返済方式」です。ここではより一般的な後者の方法について見てみましょう。

「残高スライド元利定額返済方式」ってどんな返済方法?

「残高スライド元利定額返済方式」ときくとかなり複雑なイメージが出てきますが、意外とシンプルな返済方法です。この方法は、「借金の残高のアップダウンに応じて最低返済額が変動する」という仕組みになっています。「これだけ残高が残っていたら、これだけ最低払ってくださいね」ということです。追加で借入れをしたり、返済を多めにして残高が変化した場合、あらかじめ定められた割合で変動します。割合はプロミスの例だと、「借入残高が30万以下なら3.61%、30万超え~100万以下なら2.53%、100万円超えなら1.99%」となっています。千円未満だと切り上げになります。比較的計算が簡単なので、返済管理がしやすいのがメリットといえます。ただデメリットとして、毎回の支払額が最低額に近ければ、返済期間が長くなって支払い総額が多くなるという点です。というのはこのタイプの支払いだと、毎回の支払い額からまず利息が引かれて、それから元金が引かれるという仕組みなので、元金が減りにくいのです。元金がなかなか減らなかったら、そこにかかる利息もなかなか減らず返済総額が多くなってしまいます。ですから最低額ではなく可能な時は多めに返済することが、利息をむだにかけないキーポイントとなります。