金利を比較してカードローンを選ぶコツ

「カードローン会社は色々あるけれど、一体どれを選べば良いかわからない……」という方は沢山いらっしゃるかと思います。
この点単純に考えると金利が低い方が返済が楽になるわけですから、いくつかのカードローン会社を比較してみて、一番低いところで借りれば良いとなりそうです。しかし実はそれ以外の部分に注目しておかないと、思わぬ損をすることがあるのです。

というのも銀行系カードローン会社の場合、その銀行で住宅ローンを組んだり公共料金の引き落としなどをしていると、通常よりも金利が優遇されることがあります。なので取引実績がある場合には他の会社よりも得ということがあり得ます。

それに金利には各社ともに大きな幅があるわけですが、最初からその最低の数字で貸してくれるわけではありません。例えばある会社で「貸出利率5%~15% 限度額500万円」と書いてある場合、カードローン会社は初めは「貸出限度額100万円で貸出利率15%」などのように限度額は少なめに、そして貸出利率は大きめに設定してお金を貸し、それから利用者の信用実績と共に限度額を増やしたり、貸出利率を下げたりしていきます。なのでいきなり「500万円を5%で貸してくれるのか」と思って行くと、痛い目に遭うことがあるわけです。

ですからカードローン会社を比較検討する際には目に見えやすい部分だけでなく、その裏に隠れた部分にも注目することが重要になってくるというわけです。
http://www.tppmpsfortransparency.org/cardloanshinsa.php